猫はニオイがするの?

猫はニオイがするの?

猫のグルーミング

猫を飼っている人は、家族同然に思っているから、においなんてしないし、したとしても気にしない人も多いのではないでしょうか。

 

猫は犬より臭いが少ないと言われていますが、犬の飼い主さんからすると猫の方が臭いと言う人もいます。猫を飼ってる管理人は当然犬の方が臭いと思っていますが(笑)、お互い様ですよね。

 

猫はとてもきれい好きなので、猫自体は臭いがしないと言われていますが、一緒に住んでいると気がつかないけれど、お客さんが来た時ににおうと思っていることもあるでしょう。

 

私自身猫を飼っていても、外出先から帰ったら自分の部屋が獣臭いなとか(笑)、うんちがしてあるとうんち臭いなと思う方なので、お客さんならなおさら臭いんだろうなと思います。

 

猫はぬいぐるみではありませんから、当然おしっこやうんちをするのでそれがにおうケースが多いですよね。決まった場所でしていても、そこからにおってくるので、尿や糞がある場合にはすぐに片付け、定期的な掃除を心がけたいところです。

 

掃除の頻度が多いほど、においの発生は少なくなります。とはいえ日中留守にしているお宅はおトイレの掃除をこまめにするのは難しいので、空気清浄機を使うのもひとつの手です。

消臭剤で気をつけたいこと

猫のおトイレやマーキング・スプレーの臭いをごまかそうと強い芳香剤を使っている場合、本末転倒になる場合があります。

 

猫は嗅覚がとても優れています。人間でも強いにおいと感じているのですから、においのきつい芳香剤は猫にとっては、かなり強烈なにおいになりストレスを感じます

 

猫はストレスを感じるとにおいがきつくなったり、さらにスプレー行為を行ったりと悪循環ですよね。

 

お部屋の芳香剤や消臭剤はたくさんの種類がありますが、ペット用には無香タイプの商品か、ペット用の消臭剤を選びたいところです。

 

便や尿はすぐに処分する、家を清潔に保つなどということは大切ですが、消臭剤などで、猫に負担を与えすぎないようにしましょう。

フードで便臭軽減

猫の臭い

においが強いうんちを片付けるのはいくらかわいい愛猫であってもつらいものがありますよね。

 

しかし、最近ではフードである程度便臭をコントロールできるものが増えてきているので、においが気になる人は試してみるといいかもしれません。

 

人間の食事を与えていると、身体によくないものがあったり、便臭が強くなったりするので気をつけたいところです。臭いで言えば、人間の食べ物の場合、魚より肉の方がにおうようです。

 

また、猫のフードも缶詰よりもドライフードのほうがにおいの予防につながります。水分が足りないというのも、においの原因になるようです。水は猫がいつでも飲めるようにしておきましょう。ペットに与える水は水道水でOKです。日本の水道水は評価が高いのでペットにあげても安心です。

 

ちなみにうちのオス猫・レオは便臭軽減のドライフードを与えても、あまり便臭は変わらず、グレートスメルです。その上、うんちをしたあともうんちをほとんど隠さないためよけい臭い・・・。トイレが寝室にあるので夜寝ている時にされると、ちょっと悲しいですが、生理現象ですから怒ることもできず、即座に起きて片付けます。(現在は猫トイレと寝室は別なので夜うんちをされても大丈夫になりました(^o^))

 

うんち臭がきついのは腸内環境がよくないことが考えられるそうですが、プラチナ乳酸菌で臭いもずいぶん改善されたように思います。