猫が布団に粗相

猫が布団に粗相

マーキングはオス猫がすることが多いと言われていますが、わが家のメス猫、凛は人間(私)の布団に粗相をします。

 

猫は自分の寝床で粗相をしないといいますが、毎日一緒に寝ている布団の上でします。

 

凛が寝ている場所でもします(>_<)

 

凛の粗相はじめは1泊私が父の命日で実家に泊まったので留守番させた時が最初だったと思いますが、私が寝室のドアをちゃんとしていかなかったので、留守番中レオと凛が遊んでいるうちに誤って寝室に凛が閉じ込められた状態になり、不安で布団の上に何度もおしっこをしたあとがありました。

 

そして、避妊手術してすぐ、私と眠るようになってすぐ、寝ているところで粗相をしました。

 

それからしばらくは・・・布団カバーを洗って換えた時など半年に1度とか1か月に1度などその時々で間隔はまちまちでした。

 

私のベッドと猫トイレは同じ部屋にあったので、思い切って模様替えして、猫のトイレのない部屋に私のベッドを移動したところ、粗相がおさまったのです。

 

猫の粗相で考えられる病気や原因

猫はきれい好きなので、普通はトイレでおしっこをするのですが、布団などトイレ以外で排泄する時はなんらかの原因があると言われています。

 

1.病気→泌尿器系の病気 膀胱炎や結石、腎臓系の病気など
2.ストレス→同居猫や飼い主の態度が気にくわないなど
3.とにかくやわらかいものの上でおしっこするのが好き
4.トイレが気に入らない

 

などです。

 

3の場合はよくほりほりする猫がありがちだそうです。

 

確かに我が家の凛もトイレでほりほりするタイプだし、しょっちゅう布団の上でもほりほりしてます。
(凛は病院でみてもらった結果、病気の心配はないとのことなので2か3が原因と思われます。)

凛のその後

クレバーキャット

さて、ベッドの位置を移動したことにより、粗相がいったんおさまったかに見えた凛ですが、1年半経った頃の2014年の7月あたりから私が外泊したり、夜外出したり、朝帰りすることが増え、9月に凛の粗相は復活してしまいました。

 

それまでも何度も布団を処分してきたのですが、布団破産してはいけないと思い、防水シーツで対応することにしたのですが、出かけることが減っても粗相の回数が減らず、心配になって病院で診てもらったところ全くの健康体でした(*^_^*)

 

ちなみに凛は羽毛布団だけでなく、中綿でもポリエステルでもなんでもこいです。

 

先生には「布団の上でおしっこさせたくないなら、寝室に入れないようにするしかない」と言われましたが、それができれば苦労しません(>_<)

 

猫と一緒に眠れないなんて私ががまんできない・・・。

 

ということで今度は新しいおトイレと猫砂を購入してみました。本体はクレバーキャット(左上の画像、上から入るタイプのトイレ)、猫砂はエバークリーンです。

 

トフカスサンド

それから凛が仔猫の時に使用していたトフカスサンドも出してみました。

 

しかしこれはおトイレ自体が小さすぎたようです。

 

トイレを変えてみたら

結論から言うと、しばらく凛の粗相はおさまっています\(^o^)/

 

しかし上記のおトイレは使用していません。今までのニャンとも清潔トイレを使い、クレバーキャットやトフカスサンドには見向きもしませんでした。

 

というかクレバーキャットは砂が入っていないと中に入ってみるんですが、どうも鉱物の臭いがダメなのか砂が入ると嫌がって入りません。

 

飼い主が抱いて入れてみましたが、砂の感触がダメだったのかすぐ出てしまいました。トフカスサンドも同様です。

 

同居猫のレオも入らなかったので、1週間で新しいトイレは撤去しましたが、その後凛はまだ布団で粗相をしていないのです。かれこれ1か月くらいはしてないかな?

 

ということでその後も検証し、後日アップします。

 

 

【追記】

 

2015年6月現在。粗相はおさまっています。トイレを変えようかと思った時に同時に心がけたのが、「またたびのおもちゃで遊んであげる」でした。

 

布団に粗相する猫に困ってる飼い主さんが、布団の上にまたたび酒を水にうすめてスプレーしたら粗相をしなくなったという記事を読んだので、またたびでストレスを解消してみることにしたのです。

 

それが理由で粗相がおさまってるのかどうかはわかりませんがひとまずおさまってますよ\(^o^)/

 

【追記2】

 

2015年8月現在。凛の粗相の原因はやはり分離不安によるものと判明・・・。泊りで出かけると粗相します。こないだはお盆に「実家に泊まってくるよ」と言って用意していると、粗相しました。

 

それ以来「泊まってくるよ」とは言わず「早く帰ってくるからね」と言ってでかけ、布団の上に猫ベッドを置いてでかけて、とりあえず防げてます(^o^)

 

【追記3】

 

2015年9月現在。寒くなってきたので少し厚手の布団にかえた結果、また粗相が復活(・・;)ま、いっか。もう慣れました。布団に粗相した後に叱った時の凛の抗議の様子を動画でどうぞ。「そんなこと言ったってしょうがないじゃないの。」だそうです(笑)

 

【追記4】

 

2016年5月現在。全くもって、粗相が治る気配はないので、寝るときは一緒に寝ていますが、それ以外では寝室への入室制限をかけています。

 

フェリウェイ

【追記5】

 

2016年8月現在。タオルケットの上にマルチカバーをかけていても粗相されました。さらにはイスの上でも粗相され、買い換えたらイスが気に入らなかったらしくまた粗相・・・──・゚・(。>д<。)・゚・── 久しぶりにフェリウェイを購入して様子をみています。

 

【追記6】

 

2017年1月現在。結論から言うとフェリウェイも効果なし。寝室に入れないことで粗相を防いでいます。

 

【追記7】

 

2017年2月現在。飼い主が夜出かけて帰った後に一緒に寝てる時に布団に粗相。朝おきると足元に凛がいない時は粗相していることが・・・。
しかし飼い主の心境に変化。粗相をされても暖かく見守れるようになりました。(笑)ここで追記は打ち切ります。

 

【追記8】

 

しつけスプレー

2018年2月。凛の粗相は健在です(^^)凛がトイレに行ってすぐくらいは寝室に入らせることもありますが、他はほぼ寝室出入り禁止。

 

寝るときはCAT-AWAYをスプレーしてから寝ています。(凛はこのニオイが嫌いなのでしばらくは寄ってこない。朝方臭いがほとんどしなくなったら一緒に寝てます。)

猫の粗相対策用ベッドカバー

マルチカバー

今までもベッドカバーに防水シーツをとりつけたりしてたんですが、カバー自体が防水効果のあるマルチカバーを購入しました。(チェックのはブランケット)。

 

これをかけると粗相自体しないって仔もいるらしいんですが、凛はこの上でもします。

 

このカバー、防水効果は高いし、洗濯が楽ちんだし、乾くのも早いので満足しているけど、チョー高いです・・・どれくらいもつのかが心配ですが。
(2015年11月に購入し2017年12月現在で2年は使用、たまにおしっこが布団までちょびっとしみてることがあります。*布団にも防水カバーをかけています。3年使ってるって人の声もありましたが、そろそろ換え時なのかも知れません。しかしにまんえんはなー・・・。)→2018年1月、やっぱりちょびっとしみるようになったので新しいの買いました!

 

ご興味がある方はこちらをどうぞ。 →ペピィのマルチカバー