犬の嘔吐の原因

犬の嘔吐

犬は食べたものをよく口から吐き出します。しかし、これは嘔吐とは違います。消化されずに吐き出されている場合は「吐き出し」とよび、嘔吐ではないのです。吐出と同じですね。

 

嘔吐の場合は、ある程度消化されているので、飼い主か見極めることが大切です。

犬の嘔吐の原因とされる病気

・嚥下困難
食べ物をうまく飲み込めない症状です。これは嘔吐ではありませんが、口の中か咽頭、食道に原因があるといわれています。

 

・食べすぎ
実際に一番多い嘔吐の原因は食べ過ぎのようです。食べ過ぎの嘔吐は病気ではありませんが、腐敗したものや刺激物を食べた可能性もあります。また、よく吐くからといってすべてが食べすぎとは思わずに異常と思われるサインを見逃さないようにしましょう。

 

・胃捻転
胃がねじれていてうまく働かなくなっている状態です。大型犬におこりやすいといわれています。胃捻転を防ぐにはゆっくりと食べ物を食べさせることが大切になります。どうしても早く食べてしまうというときには、数回に分けて少量の食事を与えるといいでしょう。

 

・副腎皮質機能低下症
アジソン病ともいわれていて、急性のものと慢性のものがあります。どちらの場合にも嘔吐がひとつの症状となっていて、それ以外にも、下痢や体重が落ちるという症状もあるようです。メスに多いといわれている病気です。

 

・巨大食道症
食道部分が伸びきってしまい、食べ物をうまく運べない状態です。食道にたまって、胃になかなか行かないので水や食べ物を吐いてしまうようです。食べてすぐに噴き出すような症状です。何度も吐くので吐いたものが肺に入って、肺炎などを引き起こしてしまうこともあります。

 

・パルボウイルス感染症
激しい嘔吐の後、激しい下痢をします。ワクチンをうつことで防ぐことの出来る病気です。

 

・ジステンパー
1歳未満の子犬に多い病気です。食欲不振や熱など、風邪の様な症状がでます。免疫力の高い犬ならここで治るということもあるのですが、二次感染をしてしまうと、嘔吐、下痢、痙攣、凶暴化などの症状が現れます。

 

・尿崩症
抗利尿ホルモンがうまく働かない病気です。異常な量の尿をする、水を大量に飲むという症状があり、胃拡張を引き起こして嘔吐します。

 

・急性腎不全
腎臓病のほかに、尿路結石によって起こることいわれています。食欲が無くなったり、嘔吐や下痢を繰り返すので、脱水症状を引き起こすこともあります。

 

・子宮蓄膿症
子宮に膿がたまってしまう病気です。嘔吐のほかにも、下痢や発熱食欲不振などの症状が見られます。たくさん水を飲むという、多飲多尿も特徴的な症状です。

 

・中毒
犬にはたまねぎやチョコレートを与えてはいけないという話を聞いたことがあると思います。犬にとって有害なものを食べてしまったときに、中毒症状となり、嘔吐や下痢、血尿、貧血、黄疸などの症状が出るようです。

 

・悪性リンパ腫
血液のがんです。人間と同じように、早期発見と早期治療が大切です。あごの下に発症することが多いのですが、発症した場所によって症状は違ってきます。お腹に発症した場合、下痢や嘔吐の症状が現れます。

 

・糖尿病
インスリンの働きが悪かったり分泌が少ないことでおこります。ウイルス感染やすい臓の病気なども原因とされていますが、食べ過ぎや運動不足での肥満が原因となっているということが多いようです。嘔吐のほか、呼吸困難、脱水症状、白内障などの症状が表れるようです。

 

犬の嘔吐の原因や考えられる病気関連ページ

犬がお尻をこすりつける原因や考えられる病気
愛猫の嘔吐や下痢、お尻をすりつける行動やマーキングなど何らかの病気の原因である場合もあります。これらの症状から考えられる猫の病気、私の愛猫の通院記録や嘔吐の簡単なお掃除方法など。
犬のマーキングの原因や考えられる病気
愛猫の嘔吐や下痢、お尻をすりつける行動やマーキングなど何らかの病気の原因である場合もあります。これらの症状から考えられる猫の病気、私の愛猫の通院記録や嘔吐の簡単なお掃除方法など。