犬がお尻をこすりつける原因

犬がお尻をこすりつける

犬がお尻を床にこすり付けるというしぐさをしたときには、肛門の周りや肛門部分がかゆかったり、痛みがあるというサインが多いようです。

 

肛門や肛門周りに病気があるというときにはほかに、肛門を尻尾で隠したり、人にさわられるのを嫌がったりします。気になるしぐさを見つけたら、病院にいって診てもらうといいでしょう。

犬がお尻をこすりつける原因とされる病気

・肛門周囲腺腫
去勢していない老犬に多くみられる病気です。若いときに去勢をすることが予防法です。オスに多く見られる病気で、メス犬はあまり発病しません。睾丸から出るホルモンで、肛門周りの分泌線に腫瘍ができます。肛門部分に違和感があり、こすり付けるようなしぐさをすることがあるようです。

 

・肛門嚢炎
犬の肛門周りの病気の中で一番多い病気です。肛門の両ワキにある分泌腺である肛門嚢という袋状の部分。肛門嚢の導管がつまったり、分泌が多くなったりすると、肛門嚢に分泌物が充満し、細菌が感染することで肛門嚢炎になります。肛門嚢炎になると、肛門周りに不快感を感じてお尻を地面にこすりつけたり、自分の尻尾を追いかけて走りまわったり、ひどいときには、犬の性格が変わるということもあるようです。ミニチュア・プードル、トイ・プードル、チワワなどの小型犬に多い病気といわれているようです。

 

・肛門周囲腺腫
高齢のオス犬に多いといわれる良性の腫瘍です。肛門周りの組織にならどこにでも発症するという特徴もあります。かゆみや痛みがあるので、お尻を床にこすりつけたり尻尾のほうを気にするような動きをします。肛門周りの皮膚が荒れていたり赤くなったりしているので、よく見てあげることが大切です。

 

・寄生虫
よっぽどの重症でない限り、はっきりした症状は出ないようです。寄生虫のひとつである犬条虫は、ノミを中間宿主としています。肛門から犬条虫の端が出て、かゆみや違和感があり、お尻を床にこすり付けるという症状があります。

 

・下痢
犬を飼っている人なら、必ず経験する症状です。下痢をして肛門がかぶれたりしてかゆみが出て、床にお尻をこすり付けることがあります。ウイルスや細菌の感染や、食べすぎ、高脂肪食、アレルギー、ストレス、寄生虫、胃腸炎、腫瘍など、下痢といっても、いろいろな原因があります。ですから、原因を特定してあげることが大切です。ただの下痢と簡単に思わずに、長引くようなら病院にかかりましょう。

 

・便秘
人間と同じように、便秘になり硬い便をすると、肛門が切れて、いわゆるぢになるのです。傷が治りかけのときにかゆみが出て、お尻をこすりつけるしぐさをします。水分が不足していたり、食物繊維が不足していたり、散歩が少なかったり、排便のリズムが乱れたときなどに便秘になりやすいので、食事に気をつけてあげたり、しっかりと運動をするということが大切です。また、便秘と下痢を繰りかえすような症状があるときには、重大な病気が潜んでいる場合があります。

 

・傷
肛門周りに傷がついたとき、治りかけのいずさやかゆみで、お尻を床にこすりつけるしぐさをします。毛の長い犬などは、肛門周りの毛に便などがつかないように、毛を短めにカットすることがあり、そのときに傷がついてしまうということなどもあります。

 

犬がお尻をこすりつける原因や考えられる病気関連ページ

犬の嘔吐の原因や考えられる病気
愛猫の嘔吐や下痢、お尻をすりつける行動やマーキングなど何らかの病気の原因である場合もあります。これらの症状から考えられる猫の病気、私の愛猫の通院記録や嘔吐の簡単なお掃除方法など。
犬のマーキングの原因や考えられる病気
愛猫の嘔吐や下痢、お尻をすりつける行動やマーキングなど何らかの病気の原因である場合もあります。これらの症状から考えられる猫の病気、私の愛猫の通院記録や嘔吐の簡単なお掃除方法など。