猫の嘔吐や下痢・マーキング

気になる犬の病気記事一覧

犬がお尻を床にこすり付けるというしぐさをしたときには、肛門の周りや肛門部分がかゆかったり、痛みがあるというサインが多いようです。肛門や肛門周りに病気があるというときにはほかに、肛門を尻尾で隠したり、人にさわられるのを嫌がったりします。気になるしぐさを見つけたら、病院にいって診てもらうといいでしょう。

犬は食べたものをよく口から吐き出します。しかし、これは嘔吐とは違います。消化されずに吐き出されている場合は「吐き出し」とよび、嘔吐ではないのです。吐出と同じですね。嘔吐の場合は、ある程度消化されているので、飼い主か見極めることが大切です。

猫と同じで、犬もマーキングをします。犬のマーキングの大きな理由も、なわばりを知らせるものです。犬同士なら、おしっこの量や高さ、臭いなどで相手の強さなどがわかるのだそうです。マーキングは犬の本能です。しかし、マーキングだと思っていたら実は病気が隠されていたということもあるようです。環境の変化やストレスなどの原因以外にも、もしかしたら病気のサインかもしれないということを知っておくといいですね。