猫の下痢の原因

猫の下痢

猫のうんち

完全室内飼いをしている猫にはドライフードを与えているお宅が多いかと思います。そうすると便も固めのころころうんちが多いですよね。猫用缶詰や猫用スープなど水分の多く含んだ食事だと多少便が柔らかくなる猫もいるようですが、これも人間の都合なのでしょうけど、ドライフードはころころうんちがでるように工夫されているとも聞きます。

 

ですので、普段からドライフードを主食としている猫が軟便や水様便、下痢便などが出る場合は病気が疑われるケースが多いです。

 

たまに便が柔らかいのならそんなに気にする必要もないと思いますが、軟便や下痢が続くようなら獣医さんに診てもらいましょう。猫の下痢の原因は消化器(胃・大腸・小腸)の異常が原因であるのがほとんどです。

 

*腸内環境による軟便や下痢ならプラチナ乳酸菌がおすすめです。

猫の下痢の原因や考えられる病気

・食べ物による下痢
消化の悪いものや、古くなった食べ物、冷たい食べ物のほかに、新しい銘柄のフードをはじめて食べさせた時なども下痢の原因になることがあります。また、人間が食べることができても、猫が口にするのは良くない食べ物でも下痢を引き起こすこともあります。

 

・猫パルボウイルス感染症
ウイルスによって腸の粘膜が破壊されて、腸では栄養や水分の吸収ができなくなり、激しい嘔吐や下痢を引き起こします。免疫力や体力に乏しいワクチン接種前の子猫や老猫がどこかで感染し、急に容態が悪くなって死亡する場合も珍しくありません。毎年きちんとワクチンを接種している猫はあまり心配がないとされていますが、多頭飼いの場合特に注意が必要です。

 

・急性胃腸炎
激しい水下痢をしたり、血液が混じる場合もあります。トイレに行く回数が増え、嘔吐をともない命にかかわることもあるので、嘔吐と下痢、水様便が続く場合は注意が必要です。猫伝染性腸炎ウイルスなどのウイルスが原因であったり、腐りかけの食べ物や冷たい飲み物が原因でおこることもあります。

 

・慢性胃腸炎
症状としては軽い下痢が何日も続き、嘔吐は伴わない場合もあります。急性胃腸炎から慢性胃腸炎になったり、ストレスや毛玉、寄生虫が原因になることもあります。

 

・ネコ免疫不全ウイルス感染症・ネココロナウイルス
慢性的な下痢・軟便の場合、注意が必要です。

 

・膵炎
下痢や嘔吐以外に、元気と食欲の低下が見られます。肝炎、胆管炎、糖尿病などを併発しやすく、肝臓・胆管・小腸などの病気がきっかけで膵炎になることも少なくないようです。

 

・ストレスなど
猫はストレスによって起こる下痢は意外と多いと言われています。

 

・IBD
Inflammatory Bowel Disease 炎症性腸疾患 難治性の慢性胃腸炎 
嘔吐もしくは下痢、食欲不振、血便など、あるいは症状が合併して長期にわたってあらわれます。リンパ腫に移行する場合も。IBDを知らない獣医さんもいらっしゃるようなので、病院で嘔吐や下痢の原因がわからないと言われた場合はIBDではないでしょうか?と飼い主側から聞いてみた方がいいかも知れません。その病院で診られない場合は大きな病院を紹介してもらいましょう。

猫が食べてはいけない食べ物

かわいい愛猫に人間の食べ物を与えてしまう人も多いですよね。ここでは食べると生命の危険にさらされる食べ物を紹介しておきます。

 

・たまねぎ、長ねぎ、ニラ、らっきょう、あさつき、ニンニクといったネギ科の食物
ねぎ類に含まれるアリルプロピルジスフィドなどの成分が赤血球を破壊、重度の貧血や最悪の場合死にいたることも。

 

・生のイカやタコ、アワビ
生のイカに含まれるチアミナーゼという酵素が猫の身体によくないもので、最悪の場合死にいたることも。タコも消化が悪いので嘔吐や下痢・便秘の原因となる場合があります。
アワビはアワビの内臓のピロフェオホルバイドaが猫の耳の組織を壊死させる危険性があるのだそうです。

 

・チョコレート・ココア
テオブロミンという成分が下痢や吐き気、血圧上昇、不整脈、興奮、痙攣などの症状を引き起こし、最悪の場合死にいたることも。

 

*あくまでも個体差があるので、どの猫も上記のものを食べると重症になるのかというと、そうではありませんが、危険性が高いものだと言われています。

 

うちの猫の下痢の話

猫の下痢

2010年・2011年とうちの雄猫・レオは夏から秋への季節の変わり目に嘔吐と下痢を繰り返しました。急激に寒くなると猫が気温に慣れないうちはすぐ対応できなくて体調を崩すのが原因だと獣医さんに言われました。

 

普段から便は軟らかめだったんですが、調子が悪くなると軟便、そして水様便になります。普通の少し固めのうんちの途中から軟らかい便が1回目、しばらくして2回目は軟便、そして3回目は水様便といったふうに1時間の間に3回うんちをするようになると、あ、調子が悪いんだなっていうのがわかります。

 

これが2日続くと嘔吐もすることがあるので、そうなると即キャリーケースに入れて病院行きになります。本人も具合が悪い時は素直にキャリーケースに入るようになったので連れていくのはそんなに苦ではありません。

 

2012年、凛のIBDの診断後、2匹のごはんをZiwiPeakに変えると、レオの便の状態がとてもよくなり軟便になることがほとんどなくなった上に、ストラバイトが消えました。(その後、ZiwiPeakに飽きてしまい、フードをロイヤルカナンに戻したところやはりレオの軟便は復活。しかしストラバイトは療法食なしでも現在も再発していません。)

 

【追記】
須崎動物病院の治療を受けていた時に、レオの軟便を相談したところ、臭いがきついなら腸内環境の問題ではないかと言われました。

 

ビオフェルミンでもいいと言われたのですが食事と別にあげてくださいと言われたので、それはちょっと難しいと思い、腸内環境を整えるサプリ「イーストスリム」を購入したところ、効果てきめん!届いた日の夜と次の日の朝あげたのですが、食後に出たうんちはすでに軟便ではありませんでした。とてもほどよいうんちだったのです。

 

イーストスリムは下記のものを購入しました。

 

 

 




その後、臭いは改善されたものの・・・またたまにうんちが柔らかくなったり、水様便になったり。頻度は少ないんですが、やっぱり腸内環境以外に原因がありそうな気配です。

 

ということでイーストスリムの賞味期限がきたので2013年7月よりプラチナ乳酸菌をあげています。こちらは口腔ケアにもいいとのことなので一石二鳥です。

 

 

プラチナ乳酸菌をあげるようになってから軟便はほとんどなくなりました。

 

口内炎はよくなったのかどうかわからないのですが、口臭はしません。とにかくうんちの状態が良いので続けています。(*2017年5月現在も継続していますがうんちは良好です\(^o^)/)